納豆 その82

2017-10-17
「まじめな大粒納豆」

群馬県前橋産の大豆を使用した納豆、
大正8年創業というから相当の歴史の会社ですね。

品名 : 「まじめな大粒納豆」
      1パック40g×2
      たれ、からし付
製造者 : 株式会社まるだい 群馬県前橋市


tag :

曇:9.6度

2017-10-17
今朝(10/17火曜)の上田市は曇:6時の気温9.6℃

tag :

雨:9.2度

2017-10-16
今朝(10/16月曜)の上田市は雨:6時の気温9.2℃
20171016_convert_20171016081121.jpg
最高気温11.6℃ 最低気温9.1℃
tag :

期日前投票

2017-10-15
「ショッピングモールで投票」

2016年の参議院選挙から市内のショッピングモールに期日前投票所が設置されるようになりました。
今日は日曜日ということもあり投票に順番待ちの列が出来るぐらいの盛況です。

夜の8時まで投票が可能なのも助かります。
以前は役所の支所にしかありませんでしたから利便性が格段に良くなりました、
これこそが住民目線の仕事の仕方ですよね。

選挙の内容も国民目線で議論して欲しいものです・・・。


tag :

曇:12.5度

2017-10-15
今朝(10/15日曜)の上田市は曇:6時の気温:12.5℃

最高気温14.7℃ 最低気温9.8℃
tag :

衆議院選挙

2017-10-14
「選択肢がない!、どうする・・・!?」

作家 高村薫さんがうまいことを言ってました、
「安倍さんの,阿倍さんによる、阿倍さんのための衆院解散」
「小池さんの、小池さんによる、小池さんのための新党」

高村薫さんはこうも言ってます、
「まずは立候補者の過去の言動を思い起こし、前回の公約の「うそ」を数え上げて、通信簿を付けるのが選挙です」

「うそ」の数は数え切れないかも、
通信簿は「オール1」かも、

結局、選択肢が無くなってしまった・・・。



公示から今日まで私は選挙カーに出会っていません、いつものことですが。

地方都市、それも市の中心部から5キロほど離れた我家周辺で国政選挙のときに候補者の選挙カーに出会うのは稀です。
選管の投票を呼びかける宣伝カーには度々出会うんですが・・・。

新聞やテレビでは選挙が話題になっているのでかろうじて選挙なんだと感じているくらいです。

「選挙」って何なんでしょうね、
自分を政治家だと勘違いしている連中のゲームのように見えてしまうのは私だけなんでしょうか?
tag :

曇:12.7度

2017-10-14
今朝(10/14土曜)の上田市は曇:6時の気温12.7℃
20171014_convert_20171014083624.jpg
最高気温16.9℃ 最低気温12.6℃
tag :

納豆 その81

2017-10-13
「なっから うんめい 小粒」

先日紹介した「なっから うんめい 大粒」の姉妹品
これは小粒版です、

品名 : 「ナッカラうんめい!」小粒
      1パック50g×2
      たれ、からし付
製造者 : 株式会社 上州農産 
       群馬県前橋市



「なっから うんめい 大粒」の記事は(こちらからどうぞ)
tag :

雨:10.9度

2017-10-13
今朝(10/13金曜)の上田市は雨:6時の気温10.9℃
20171013_convert_20171014073431.jpg
最高気温13.7℃ 最低気温10.7℃
tag :

ジャン・サブロン

2017-10-12
「Jean Sablon ジャン・サブロン」

ジャン・サブロンは1906年3月25日 パリ近郊に生まれる。

現在では当たり前に使われたいるマイクをステージで初めて使ったシャンソン歌手です。

1930年代のフランスでマイクはまだ普及していませんでした、
機械の助けを借りて歌うのは歌手の恥だとされ、
他の歌手から嘲笑を受けながらも彼はマイクを使い続けました。

ただ使うだけではなく、
その使用法を研究して様々な効果を生み出して大成功しました、1936年のことです。
その後、他の歌手もマイクを使うようになりました。

また彼は抑えた低い声で囁くように歌うクルーナー唱法のフランスでの最初の歌手でもあり、
「フランスのビング・クロスビー」と呼ばれアメリカでも活躍しました。
今では当たり前の歌い方「クルーナー唱法」ですが当時としては画期的なものでした。

1994年2月24日 南仏カンヌで死去しました。



CIMG1283_convert_20171006181604.jpg

CIMG1284_convert_20171006181623.jpg

お聴きください、
[ Vous, qui passez sans me voir  去りゆく君 ]

1936年度のディスク大賞受賞盤、
シャルル・トレネ作詞、
ジョニー・エスとポール・ミスラキの作曲


「思い出すと息が詰まりそう、
涙や花やキスの想い出
そうだ!4月の晴れた朝が目に浮かぶ
この町を包む青空が目に浮かぶ・・・」
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>